i-Smile

i-Smileの内容を俺が実践した流れで解説していく

更新日:

最近i-Smileの内容が気になるっていう人が増えたんでここで一旦まとめようかと思う。

 

とりあえずi-Smileの中身を羅列しただけだと正直わかりにくいと思うから、俺が実践したとおりに順番に内容を公開していく。

 

多分i-Smileの内容を知りたい人たちは、やってみたいと思ってるんだけど内容がわからないと参加できない慎重派の人たちだと思う。

 

そういった人たちにこの記事は役立つはずだから、見逃さないようにじっくり見ていってほしい。

 

俺がi-Smileを実践した内容を知れば、自分に当てはめてできるかできないかの判断が可能だし、必要か不必要かの判断にも困らないはずだ。

 

少しi-Smileの専門用語もでてくるが、ちょくちょく解説していくので頑張ってついてきてほしい。

 

i-Smileの内容1:まずは動画をじっくり見る

i-Smileの内容で1番最初にやるべきなのはレッスン動画を見ることだ。

 

ここでi-Smileの講座がどのように進んでいくか少し解説しておこう。

 

i-Smileは講座に参加した後、1日1本のレッスンペースで配信されるようになっていて、基本的には毎日そのレッスン動画が課題というイメージだ。

 

そのレッスン動画の内容というのが、i-Smile一番の強みであるスマート字幕を使ったレッスン動画だ。

 

スマート字幕というのは語学学習に特化した専用の字幕がついたレッスン動画のことで、通常海外ドラマなどで使われているようなスラングや、そのドラマ内でしか通用しない共通言語などが排除されている。

 

つまり、正しい場面で正しい英語を使えるように、必要のない情報を削ぎ落とした字幕ということだ。

 

このスマート字幕によって、語学学習効果は2倍以上になると言われているから驚きだ。

 

i-Smileではまずこの動画をじっくりと見て、英語を目と耳でしっかりと吸収していくことが大切になる。

 

i-Smileの内容2:見た後すぐにアウトプットする

i-Smileの内容の2番目は英会話の発音上達のためのエクササイズだ。

 

スマート字幕の動画を見たあとに、忘れないうちにすぐに英会話フレーズを定着させるためにエクササイズが用意されている。

 

しかもこのエクササイズ、デイビッドセインがスマート字幕専用にチューニングしたものだから、さらに覚えやすい仕組みになっている。

 

若干の休憩を挟んでからのアウトプットとなるが、この休憩にも意味があり記憶に定着しやすくなる効果があるそうだ。

 

何事も知って終わりだと成長はしないし頭でっかちになってしまうだけだ。

 

スマート字幕の昼ドラ風講座を見ると、「へ~そうなんだ~!」という気付きがあまりにも多すぎて、知って満足してしまう可能性も否定できない。

 

そうならないよう、1時間程度の英会話タイムを予め確保し、必ずインプットをしたらアウトプットをするという習慣をつけよう。

 

この間が開けば開くほど学習効率は落ちるから注意しよう。

 

i-Smileの内容3:定期的に英語を口ずさむ

 

i-Smileの内容1と2を毎日実践していくのが基本で、その後の成長度合いは復習の有無で変わってくる。

 

i-Smileは一度送られてきた動画は何度でも見返すことができるようになっているので、それを見てわからなかったところを完璧にしていくといい。

 

さらには、自宅などで暇な時に定期的に英語を口ずさむようにすれば口も耳も英語にどんどん触れることになるので結果的に英語は上達していく。

 

もちろん基本的には毎日言われたとおりに学習していくだけでも十分すぎるほど英語の力はつく。

 

定期的に英語を口ずさむことは、もっと早く上達したい人向けのやり方で、俺にはそれが必要だからやっただけのことだ。

 

i-Smileの内容は簡単?それとも難しい?

i-Smileの内容はものすごく簡単だ。

 

簡単というのは楽という意味ではなく、シンプルということ。

 

毎日の課題をクリアしていけば、自然と英語が身につくように作られたプログラムだから、事骨やっていけば誰でも成長を実感できるはずだ。

 

万が一i-Smileの内容が難しいと感じる場合は、英単語をあまりに知らなすぎたり、英語に対する苦手意識が邪魔してしまっている可能性がある。

 

英単語まではi-Smileの内容でサポートされていないので自力で覚えよう。

 

苦手意識はスマート字幕で英語を聞いていれば自ずと消えていくはずだ。

 

i-Smileの内容を実践した結果

ここまでi-Smileの内容を俺が実践したやり方、流れで紹介してきた。

 

i-Smileの内容はいたってシンプルで、

動画を見る

エクササイズをする

 

基本構成はこの2つのみの内容だ。

 

ただ、これに+αでもっと成長スピードを上げたい、レベルアップしたい人は単語を覚える時間を作ったり、復習に当てる時間も確保していこう。

 

時間に余裕がある人なら、2ヶ月で絶対に話さなきゃいけないと焦る必要なくマイペースで進めてみよう。

 

遅くても半年以内には英語を理解し、ペラペラ話せるようになっているはずだ。

 

もっといいやり方やi-Smileの内容で変わった発見などがあればまた追記していく。

-i-Smile

Copyright© i-smileの価格は費用対効果抜群?2ヶ月で一生分の価値アリ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.